保護中: 学校の調理実習2 パスタベイク

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

誕生日

先日は私の誕生日でした。

そろそろ そうっとしておいて欲しいくらいな年齢に
差し掛かって参りましたが…
誕生日がとても大事なイギリスでは
スルーすることは許されないようで。^^;

Gが苺ケーキを焼いてくれました。

⇒つづきを読む/Continue reading

保護中: バースデーパーティーへ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

仕事の面接へ

今の職場は 同僚達ともお子さん達ともなかなか楽しく過ごせていて。
ラッキーだわとつくづく思うけれど…

イギリスのどの現地校も経済難で
近い将来私の現在の職(Midday Supervisor)が無くなり、
ティーチングアシスタントが
勤務時間延長をして その仕事を引き継ぐようになるらしいのですよ。

ティーチングアシスタントになる為の講義を受けに行きたいけれど
Gの週ごとに変わる仕事時間の都合上
Rの送迎や 夜間の預け先のこともあって
どう考えても無理。

現職に思いっ切り後ろ髪をひかれつつ
就職活動中。
昨日は今とは畑違いなお仕事の面接 第一弾でした。

朝一番の頭が働かない状態で
英語もしどろもどろ。
勤務時間は学校時間内だし、
冬休み、夏休みもあるし、
面接官は親切でフレンドリーでとても良い方達でしたけれど
自分の中で何かがしっくりこないのでした。

また頑張ろう。

 

ところでRにこんなリストを作ってみました。

⇒つづきを読む/Continue reading

調理実習2(スターフライ) 小袋おやつ

Rが学校の調理実習で作ってきたスターフライ。
お砂糖を入れ過ぎてかな~り甘め ^^;

でも野菜などは丁度良い大きさに切れました。

⇒つづきを読む/Continue reading

お惣菜パン 林檎ジャム Rの調理実習 

セカンダリースクールになると
ランチはお弁当派が激減し、
学食派がほとんどのよう。

学食にするとRも喜ぶし、私達も楽になるんだろうなぁ…
でもまだ11歳の育ち盛りに
毎日不健康なランチばかりも、ねぇ。

なのでRがランチをもう少し楽しめるようなお弁当にしようと
最近 少しだけ気合を入れて作る日があったりもします。
毎日じゃなく、時々、ですけれどもね。

この日はRと一緒にお惣菜パンを焼きました。

⇒つづきを読む/Continue reading

海苔巻き弁当

⇒つづきを読む/Continue reading

保護中: 学校の先生との面談

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

家庭科の宿題 ~健康的な朝食

先日の人種差別の一件は残念でしたけれど、、、Rくん、学校でもバスでもお友達ができて、学校の授業も楽しいらしいです。

コンピューターの授業は小学校時代と違い
もっと深いことを学ぶから面白いと。

歴史(血筋!? Rの叔母は歴史の大学教諭…)も大好きで
授業で習ったヘイスティングスの戦いについてそれは事細かにお話してくれました。
音楽、家庭科(料理)、芸術もとても積極的。

私の学生時代は勉強がとにかく嫌いで 学校の授業はいつでも苦痛でした。
子供達には自分と同じ思いをさせたくなくて学ぶ事にポジティブな印象を与えられるよう気をつけてきました。

今のRは少なくとも楽しめる教科があるみたいで嬉しいです。😊

ところでRの小学校卒業時はtをきちんと発音しなかったり、例えばtwenty をトゥエニー、tomato をトマォウと若者にありがちな「崩れた英語を使って格好つける」みたいなところが見受けられ、度々注意していたのですが、なかなか直らなかったのです。

グラマースクールではそういう英語は恥ずかしいという雰囲気があるのでしょうか、Rが崩れた英語を使う事が無くなりました。

環境に左右され易いR、今の学校にして良かったと感じることの一つです。😊

家庭科の宿題は「健康的な朝食を作る」でした。
ブリトー&果物のスムージー

⇒つづきを読む/Continue reading

人種差別のいじめ 忘れ物・落とし物

先日、クラスメイト達2人から
E君は「北朝鮮犬」
Rは「中国犬」と呼ばれ
Rは珍しく暗い表情で帰宅、
「どうしていいかわからない」と泣き出してしまいました。

E君は見た目アフリカ系
Rは中国とは無縁ですから
いじめっ子達は英国人に見えない子達に対して
意味もなく罵ったのかもしれません。

担任の先生に事情をお話したところ
学年主任が直ぐにいじめっ子達にお説教して下さり
その後はR、学校で問題なく過ごせているようです。

近年はBrexitで外国人に対する嫌がらせが増えていますから
その影響が子供達にまで及んでいるかどうかはわかりませんが。。。
悲しいできごとでした。

朝、バス停に向かうR

⇒つづきを読む/Continue reading