Stratford-Apon-Avon(ストラトフォード・アポン・エイボン)~シェイクスピアの生家

^^

42

43

44

45

シェイクスピアの生家
1564年4月23~26日に生まれたのではないかと言われています。

46

当時、ベッドは珍しかったのだそうです。

49

50

シェイクスピアの父は手袋職人でした。
身分によって着用できる手袋が決められていたのだそうですよ。

51

52

裕福なシェイクスピアの父、
動物の皮を剥いだり、干したりする作業は相当に臭かったらしく
安い賃金で人を雇っていたのだそう。

羊の毛を売ることは当時、許可が必要でしたが
シェイクスピアの父は違法に販売していた為
何度か罰金を支払っていたらしい。

53

窓にはシェイクスピアの生家を訪れた方々のサインが

54

1820年~とか!
シェイクスピアが亡くなって200年後~に訪問した方々のサインでさえ
世界大戦のずっと前のお話なのだから凄い。

55

56

57

58

シェイクスピアが生まれた場所
赤色は悪魔をよせつけないように
緑色は健康を願う気持がこめられているのだそう。

59

60

61

62

63

64

大きな暖炉。鍋を吊り下げて調理にも利用されていたのですね。

65

66

庭では劇団の方がシェイクスピアのお話を演じていました。

48

67

68

69

70

71

72

73

74

美しいお庭です~

75

お土産屋さん

78

79

47

76

77

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください