人種差別のいじめ 忘れ物・落とし物

先日、クラスメイト達2人から
E君は「北朝鮮犬」
Rは「中国犬」と呼ばれ
Rは珍しく暗い表情で帰宅、
「どうしていいかわからない」と泣き出してしまいました。

E君は見た目アフリカ系
Rは中国とは無縁ですから
いじめっ子達は英国人に見えない子達に対して
意味もなく罵ったのかもしれません。

担任の先生に事情をお話したところ
学年主任が直ぐにいじめっ子達にお説教して下さり
その後はR、学校で問題なく過ごせているようです。

近年はBrexitで外国人に対する嫌がらせが増えていますから
その影響が子供達にまで及んでいるかどうかはわかりませんが。。。
悲しいできごとでした。

朝、バス停に向かうR

話は変わりますが Rのバスの定期入れ兼お財布です。
落とさないようズボンのベルトにカラビナ(伸縮する紐付)、
そして防犯用アラーム(写真中、左)。

この防犯用アラームが他の子達の目に留まってしまい
ふざけてアラームを鳴らされて
先生に取り上げられること数回。。。

毎日 バスの中ではネクタイファイト。
同じバスの他校のお子さん達とも闘っている様子。
「他校のネクタイはフックで留めるタイプだから
当たったら痛いんだよ~」とR。

なかなかワイルドな学校生活なよう。

因みに時間割はAとBの週があります。
学校から頂いた時間割がボロボロになってしまったので
作り直してあげました。

フォトショップで表を作る方法が
わからなかったので
最初にエクセルで表を作り、
フォトショップに張り付けました。

ところでR君、忘れ物や落とし物が異常に多くて困り中。

学校の至る所、そしてバスに
毎日 何かかにか 必ず忘れてくるのです。

一つみつかった~!と思えば、
次々また他のものを失くしてきます。

そろそろ寒くなってきたけれど
コートを着ていくと必ず失くし、

体育がある度に
体育着や靴を失くし・・・

紛失物リストを書かなければ
何が無いのかわからなくなるくらいな数に
なってしまいました。

先日は理科と体育の先生からメールが届きました。
「宿題をやってこない」というのではなく…
「授業のノートや体育着などを持ってこないので困る」と。

紛失しているから持参できないのですよ。

お恥ずかしながら
私達夫婦が学校まで出向き
紛失物を探したり、
本人に紛失物リストを持たせて
スマホで何度も「探してきなさい!!!」とリマインダー。
まるで宝探しです。-_-;

R君、まだ反抗期ではないのだけど
「あ、忘れた~」と
まるでリラックスしているのです。

再来週の親子面談
なんだか少し気が重いです。。。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>